マスターズGCレディース

マスターズGCレディース トップ > 大会結果

大会結果

柏原 明日架 選手

優勝者 柏原 明日架 選手

  1日目 2日目 3日目 4日目
スコア 70 70 68 66

最終スコア

順位 スコア 名前 1日目 2日目 3日目 4日目
優勝 -14 柏原 明日架 選手 70 70 68 66
2 -13 イ ボミ 選手 68 70 69 68
3T -12 小祝 さくら 選手 73 70 66 67
3T -12 稲見 萌寧 選手 67 68 70 71

1日目 トピックス


2019年度LPGAツアー第34戦『NOBUTA GROUP マスターズGCレディース』(賞金総額2億円、優勝賞金3,600万円)の第1ラウンドが兵庫県三木市のマスターズゴルフ倶楽部で行われ、小雨滴るあいにくの天候の中、3,352人のギャラリーがツアー終盤の熱戦を見に詰めかけました。


キム ハヌル 選手

キム ハヌル 選手(延田グループ契約プロ)

5アンダー トップタイ

「10番ホールのピンポジションが難しくて、3パットのボギースタートでしたけど、全体的にあんまり悪くなかったし、最初のボギーで緊張感もなくなったので、良いプレーができたと思います。ホステスプロとして5年目になりますし、盛り上げたい大会なので集中してできました。マスターズゴルフ俱楽部のグリーンのスピードと硬さは、私と相性が合っていると思うし、パッティングのタイミングが早くならないように気をつけながら、良いイメージで最後まで頑張りたいと思います」。

稲見 萌寧 選手

稲見 萌寧 選手

5アンダー トップタイ

「11番ホールのチップインバーディーから流れを掴めたかなというのはあります。難しく考えないで、一つのラインだけ考えて、寄ればいいという感覚だったので、それが上手くいきました。初日は良いスタートを切れましたが、まだ3日間あるので、何が起きるか分からないですし、毎日しっかりコツコツとやっていけば、自然と良い位置にいれるのかなと思っています。最終日のバックナインで気合いを入れられればなと思います」。

イ ボミ 選手

イ ボミ 選手(延田グループ所属プロ)

4アンダー 3位タイ

「最後の9番は3パットのボギーだったので、もったいなかったけど、他のホールは良い感じで打てていたし、今日はパッティングのおかげでアンダーパーで回れたと思います。本当に勝ちたいと心から思う大会ですし、ホステスプロとしてプレッシャーの中でこれだけ良いスコアで初日を終えられて本当に嬉しいです。明日はもっとプレッシャーが大きくなるし、3日目、4日目はもっともっと大きくなると思いますけど、良いことだけを考えて自信を持って頑張りたいです」。

渋野 日向子 選手

渋野 日向子 選手

1オーバー 49位タイ

「もうちょっとスコアを出したかったなというのはあります。パッティングは良かったけど、ショットの距離感が合ってなくて…。雨が降っている中でも応援してくれるギャラリーさんがたくさんいたので、頑張れや、ドンマイとかその声援で頑張れました。その中で良い成績が残せなかったのは申し訳ないと思いますけど、また明日から切り替えて頑張りたいと思います。明日はしっかり伸ばしていかないと上位に食い込めないと思うので、ショットの距離感を合わせて、良い位置で終われるように頑張ります」。

1日目の結果はこちら

2日目 トピックス


前夜から続いた降雨によるコースコンディション不良で8:40に競技が一時中断した2日目は、10:57に競技は再開されたものの、17:17に日没のためサスペンデッドが決定。11組33名が未ホールアウトとなりました。


稲見 萌寧 選手

稲見 萌寧 選手

10アンダー 単独トップ ※15番終了時点でサスペンデッド

「今日のゴルフはあまりパターが入ったという感じではなく、ショットが1mくらいについて、それを決めてというバーディーでした。今日は良いゴルフをしたという感じです」。

イ ボミ 選手(延田グループ所属プロ)

イ ボミ 選手(延田グループ所属プロ)

7アンダー 2位タイ ※14番終了時点でサスペンデッド

「14番まではホールアウトしました。15番ホールは、バーディーパットが10mぐらいだったのですが、距離感が合わなくて2m残ったので明日に持ち越しです。明日は早起きですが、残り4ホールを軽く回って、気持ちよく決勝ラウンドに行きたいです」。

申 ジエ  選手

申 ジエ 選手

7アンダー 2位タイ

「今日はショットが良かったので、バーディーチャンスが昨日より多かったですが、パターが全然入らなかったです。1日ずっと我慢強くプレーしていました。明日以降も今日のショットの感じを維持できれば良いチャンスが来ると思います」。

渋野 日向子 選手

渋野 日向子 選手

4アンダー 6位タイ

「前半でちょっとチャンスを何個か外した分、後半は入ってくれたので、良い感じだなとは思っていました。ショットは悪くなかったので、ベタピンで付いたところもあったし、昨日より修正出来ていると思います。しっかり練習して、あと2日と3ホールは良い形で終わりたいなと思います」。

2日目の結果はこちら

3日目 トピックス


前日サスペンデッドとなった第2ラウンドの残りの競技が6:50に再開され、組替えの後9:30にスタートした大会3日目。


テレサ・ルー 選手

テレサ・ルー 選手

14アンダー 単独首位

「来週は母国の台湾での試合に出場するので、勝って帰りたい気持ちが強いです。今年は賞金を稼げていないのでしっかり稼ぎたいですが、比較的バーディーを獲りやすいホールが多いので、明日はアグレッシブに攻めて、たくさんバーディーを獲りたいと思います」。

稲見 萌寧 選手

稲見 萌寧 選手

11アンダー 2位

「トップとは3打差開いていますが、意識しすぎることもないので、逆に良いんじゃないかなっていうのはあります。もうビッグスコアを狙うしかないので、安全圏からチャンスが来たら攻めて行って、という風にやっていければと思います」。

 イ ボミ 選手(延田グループ所属プロ)

イ ボミ 選手(延田グループ所属プロ)

9アンダー 3位

「今日は、最終組でのプレーでとても緊張しました。他の選手がスコアを伸ばしていたので、私もアンダーパーで回りたいと思ってましたが、15番ホールでバーディーが獲れてから3連続バーディーも獲れて、とてもいい流れでプレーできたと思います。明日も最終組でのプレーですが、2015年大会でも経験して、その時は緊張からか、メイクするのを忘れてしまったので、明日はメイクからちゃんとして、いいプレーが出来るようにしたいです(笑)」。

渋野 日向子 選手

渋野 日向子 選手

6アンダー 9位タイ

「段々と距離感が合ってきてチャンスが多くなったかなと思いますが、トップとは8打差で正直厳しいと思うので、今の自分の位置よりもできるだけ上位にいけるように頑張りたいと思います。トータルで2桁アンダーに持っていきたいので、とりあえずはそこを目標に頑張って、あとは結果がどうなるかというところです」。

3日目の結果はこちら

4日目 トピックス


大会最終日は、首位と6打差の4位でスタートした柏原明日架が選手、6バーディー、ボギーなし、66の猛チャージを見せ、通算14アンダーまで伸ばして逆転で今季2勝目を達成しました


柏原 明日架 選手

柏原 明日架 選手

14アンダー 優勝

「15番に行くまではテレサがトップだと思っていたくらい、最終組の状況も分からない中でした。2勝目を挙げることができて良かったですが、1勝目からここまでの1か月は苦しい時間が続いていたので1か月で済んで良かったなというのが素直な気持ちです。今週4日間、すごく良いゴルフ出来たので、この先もこの調子でまだまだやっぱり勝ちたい気持ちが強いです。勝った後の1か月間苦しい時間があったからこそ初優勝よりもすごく良い景色だったので、それをもう一度、もう二度、三度と味わいたいという気持ちはあります」。

イ ボミ 選手(延田グループ所属プロ)

イ ボミ 選手(延田グループ所属プロ)

13アンダー 2位

「先週予選落ちで、去年のこの試合も予選落ちだったので、すごくプレッシャーがありましたけど、キャディさんがちゃんと良いことを言ってくださったので、不安にならずに集中出来ましたし、自分としても楽しめた一週間になりました。今日の上がり3ホールでも良いショットを打てたので、それだけもショットに対するプレッシャーという部分では良い成長ができたかなと思います」。

渋野 日向子 選手

渋野 日向子 選手

6アンダー 12位タイ

「昨日、今日と伸ばしたかったところを1つしか伸ばせなかったですし、今日も1つも伸ばせなかったので情けないなとは思います。残念ですね。もっと良い成績を出したかった部分もありますけど、良い所なしで課題しかありませんでしたが、そういう意味では次に繋がるような試合の内容だったかなと思います」。

@安田 祐香 選手

@安田 祐香 選手

2アンダー 26位タイ

「3日間ショットが全然良くなくて、パッとしたショットがなかったので今日も不安だったけど、ほとんどパーオンしてパターも良かったので、久しぶりに良いプレーができたと思います」。

4日目の結果はこちら

第17回大会 マスターズGCレディース 予選 2018.10.24(木) 25(金) 決勝 2018.10.26(土) 27(日) 開催場所:マスターズゴルフ倶楽部

マスターズGCレディース 大会事務局